スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ご心配おかけしました
2005 / 11 / 22 ( Tue )
皆様にご心配おかけしておりましたが、
昨日母が退院いたしましたっ(≧▽≦)ゞ

でもねぇ、場所が場所だけに完治は難しいらしく、
要はこれ以上入院してても意味ないんで、
っつう感じの退院。

昨日、いつもの様に見舞いに行くと、母が
「一時退院したいのだけど、医者の回診がまだなのよ」
と言う。
見ると時間はすでに夕方5時過ぎ。
もう今日はあきらめたら?
って話してると院長が回診に来た。

母「先生、今夜ちょっとうちに帰りたいんですけど…」
院長「あ、Mさんね。退院していいよ~」
母「えっ?(@_@)」
院長「もうおうち帰ってもらっていいですよ~。週に2回は顔見せてね~」
母「はぁ……」

ってなわけで、退院の感動やらまったく無く(笑)
バタバタと引き上げてきたよ。
通院もせにゃならんし、これからもまだバタバタするだろうけど、
とりあえず一安心なのだった!
ちゃんちゃん

スポンサーサイト
13 : 48 : 00 | 徒然 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
ヒトリの夜・秋の章
2005 / 11 / 21 ( Mon )
昨日と一昨日の土日、急に娘と旦那が旦那の実家家族と旅行に行く事になった。

あたしは母が入院中っつう事もあり、お留守番(ニヤリ)
しかし急に自由の身になったので、どうすんべか~、と思ってたら、
前日の金曜日、タイムリーにも20年来の友人のけーぷるからメールが。
早速お誘いをかけ、土曜の夜の予定が入る。

当日朝、7時には旦那も娘も出発。
掃除も洗濯も明日でいいや~、と
久々に2度寝なぞむさぼる(-_-)zzz

朝寝坊とか昼寝とか、ほんとこういう時しか出来ないよね~。

至福の時。

しかし悲しいかな、そうそうは寝られないのだよ(T^T)
9時半には目が覚め、結局洗濯だけはする事に。
いつまでも寝ていられたあの頃が懐かしい…(遠い目)

それでも、別に急ぐ事もないのでのんびりと家事をし、軽くブランチ。

午後になって母の所へ。
車は旦那が乗って行ってしまったし、後の予定もあるし♪
電車で移動する事に。
毎日仕事場への往復で電車には乗っていたが、
最近はホントに往復するだけだったので、
母の病院のある駅の駅ビルなぞ
のんびりと冷やかしながらお見舞いへ。

別に毎日行ったからと言ってどうという事はないし
母も大変だから毎日来なくてもイイよ~、
と言ってくれるのだが、
何となく習慣になってしまって行かないと気持ち悪いのだ。

母としばらく談笑してから、夜のお出かけへ。

店はけーぷるのリクエストもあり、焼き鳥屋。
電話すると、ギリギリセーフ。空いていた。
しかし座敷席なので、3時間まで、との事。
じゃ、カウンター空いたら移動していいですかね?と聞くと、
バイトの女のコに、3時間じゃダメですかね?と笑われる。
しかしコレ、ほんと笑い事じゃなかったのだ。

店が5時半からなので、しばらく買い物してから店に移動。
美味い酒とツマミで話は弾み、2軒目の店へハシゴした時には気付いたら11時を回っていた。
いったい何時間焼き鳥屋にいたのか?!
時計も見ずにいたので気が付かなかったが、
軽く5時間は越えていたと思われる。
寛容なバイトの姉ちゃん、ありがとう(笑)

17 : 54 : 00 | 徒然 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
世にも哀しい話
2005 / 11 / 10 ( Thu )
世の中には、自分がどんなに頑張っても報われない事がある。

これは、頑張って頑張って頑張ったのに認められなかった、
子育ての真髄を少しだけわかってきた哀しい女の物語である。

あたしが仕事の時、娘はおばあちゃんにお迎えしてもらっていた。
母が入院してしまってからは
たまにはパパだったりジィちゃんだったりする事もあったが
同じバスで兄んトコの次男も年中組に通っている事もあり、
ほぼ毎日、近所に住むあたしの実兄のうちで義姉の世話になっていた

そんな生活も早1ヶ月超。
皆の善意に支えられココまでやってきたが、
さすがに義姉に毎日迷惑かけるのも気が引け、
娘も毎日色んな人がお迎えではちょっと可哀想だな、
と思ってはいたがなかなか仕事の調整がつかなかった。

だが先週、やっと早く帰れるようなシフトに出来たのだ!

しかし、早く終わるとはいえ
仕事終わってからお迎えに間に合わせるには
かなりの努力が必要だった。

とにかく全ての事を猛スピードで終わらせ、
電車の中でも走りたい位の気持ちを押さえ、
駅からはチャリンコ約40Km/h。

それでもその日、お迎えの場所に着いたのは1分前!

娘を驚かせてやろうと、朝出かけには迎えに行くとは言ってなかったので、

ビックリするかな~、喜ぶかな~、

なんて、らしくもなくちょっとワクワクしていた。

バス到着。
順番に園児達が降りてくる。

そして、娘も。
あたしと目が会う。

………沈黙。

そして……爆泣。

……娘にとっては、兄んちで従兄弟たちと遊ぶ方が
あたしと二人で家に帰るよりは数倍、
いやあの泣き方を見る限りでは数百倍、楽しかったのだ。

悲しかった。
久しぶりに、悲しかった。
もしかしたら、4年付き合った男と27歳で別れた時より、悲しかったかもしらん。

元々子育てに情熱持ってる訳じゃないあたしでも、悲しかったのだ。
子育てに並々ならぬ情熱をかたむけている方だと
いったいどんな落胆ぶりを見せるのか、あたしには到底想像できない。

子育てって恋愛に似ている。
やっと相手の事がわかってきたかな、と思うと、裏切られる。
恋愛と決定的に違うのは、
嫌でも別れられない事だ。

その後も、嫌がらせのごとく毎日ダッシュでお迎えに行く。
娘もやっと観念したようだ。

09 : 03 : 00 | 徒然 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
早い?
2005 / 11 / 06 ( Sun )
200511061457052 20051106145705
ちょっと(っつか、かなり?・笑)早いけど、飾っちゃった。
楽しいイベントは、始まるまで待ってる間が一番楽しいからね。
なるべく長く楽しめるよう、
毎年11月入ってすぐの土曜日にツリーを出すのだ。

今年のテーマはゴールド。
ポイントはリボンかな。
店で見たフランス産のリボンを真似して、
(だって¥3500/mもするんだぜっ@_@)
幅10センチの薄いジョーゼット風のリボンに、
金、赤、緑のビーズで刺繍してみた。

娘と一緒に、
『コレはココかな~♪』
なんてかしましくやりながら飾ってると
日々の忙しさも少しだけ忘れられたのだった。

14 : 57 : 05 | 徒然 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
多忙の日々
2005 / 11 / 03 ( Thu )
ほんと家族が一人入院したっつうだけで、
こうも忙しくなるもんか?!
っつーくらい忙しくしております。
ブログの更新もままならず、
数少ない読者の皆様(いるのかっ?)にはホント申し訳ないっ。

今日の世の中はお休みなんだってね。
祝日関係なく働いているもんで、
土日以外のお休みにはホント無頓着なあたし。

朝ラジオ聴いてたら、
明日も有給取って土日絡めて4連休♪
なんつーヤカラがいるらしい。

今神様が突然あたしの前に現れて、

「何でも望みを叶えてしんぜよう~」

な~んて言われた日にゃ、間違いなく

「休みだ、休みをくれ~っ!」

と、叫ぶであろうくらい今のあたしには休息時間っつーモンが無い。
(勿論、あたしのやるべき事をぜ~んぶあたしの代わりにやってくれる
あたしにそっくりなロボットかなんかをついでにお願いしちゃうけどね

意外に小心者(笑))

確かに、少しでも時間が空くと
パンやケーキ焼いたりビーズやったり編み物したり、
時々飲み行ったり(爆)してるからいけないんだよな。

わかっちゃいるのよ。
非常事態なんだし、いつもと同じ生活ペースでは
自分が疲れるだけだって。
わかってるんだけど、なんつーか、自分をあきらめたくないっつーか。

『~だから仕方ない』
とか思いたくないのだ。
これはある意味あたしの人生哲学。

究極の自己満足?

でもいいのだ!
あたしは自分のやりたい事を、やるのだ!
勿論人に迷惑は極力かけない!
時間が無ければいつもより早起きすればいいのだ!

ってな訳で、今日もあたしは5時起き。
明日は4時にしてみるか?(爆)

15 : 24 : 25 | 徒然 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。