スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
8歳だって
2009 / 09 / 27 ( Sun )
今日娘が無事8歳んなったよ~。

毎年書いてるけど、あの3日がかりのお産から8年経ったのか…

その間、娘はどんどん成長し、今ではいっぱしの口もキく小生意気な小学二年生。

その間、あたしはどんどん頑固になり、娘の小生意気な発言への許容範囲が狭くなった…

さて、今年のプレゼントは念願の自転車。
20090927221036.jpg
坂の町には必需品の6段ギア付き。

ケーキはイチゴとホワイトチョコのムースをスフレ生地で挟んだもの。
20090927221051.jpg
表面のデコレーションは娘が。

料理は娘のリクエストで和食。
20090927221059.jpg
春菊と菊花の和え物
海老ときゅうりのポテトソース~いくら添え
冬瓜とササミの翡翠煮
茶碗蒸し
おろし蓮根の揚げ出し
(以下写真無し)
牛ヒレ肉のステーキ~おろししょうゆソース
キノコご飯

和食いいね~、って娘と旦那で連呼しながら完食してたよ…
スポンサーサイト
22 : 11 : 08 | 徒然 | コメント(4) | page top↑
9月のケーキ
2009 / 09 / 23 ( Wed )
今月のケーキは

タルトゥ オ フロマージュ
20090923085528

フロマージュブランっていう、生クリームのようなフランスのチーズを使うので、
クリームチーズで作るチーズケーキよりも軽いのにコクがある仕上がり。
焼き上げるのに、低温湯煎で2時間近くかけるので、しっとりふわふわ。
口に入れるとふわっととけて無くなる感じ…
どっしり重いフランス菓子の中にあっては、かなり異色な存在か?

アンガティーネ
20090923085518

小麦粉を使わず、砂糖とアーモンドパウダーだけで仕上げたタルト生地に、
くるみたっぷりのビターなキャラメルヌガーを詰め込んで、タルト生地で蓋をした濃厚な焼き菓子。
かなり好みが別れるだろうな~。
同じタルトでも、↑のフロマージュとはまったく違う、フランス菓子然としたお菓子。
くるみ嫌いの娘にはすっかり嫌われました…
08 : 55 : 36 | 徒然 | コメント(0) | page top↑
やっぱカレーだろ!
2009 / 09 / 12 ( Sat )
夏休みも無事終わり、そろそろ秋めいた日もちらほら。
かといって夏のような気候の日もあったり・・・
体調崩しやすい季節だよね。

インドにはアーユルヴェーダという、健康に過ごすための基本的な考え方があって、その中心は食。
体を冷やさないって事が一番大事とされていて、冷たい飲み物は飲まないとか、出来て30分以上経った物は食べない・・・とか。
スパイシーな料理でいっぱい汗をかいて代謝を良くする事で体にたまった老廃物を排出するんだそう。

ってなわけで、今月のお教室はインド料理。
たまった夏の疲れや老廃物を、いっぱい汗かいてふっ飛ばそう!

la-cucina-di-u-2009-09-12T09_29_13-1-thumbnail2.jpg

キーマカレー
挽き肉とグリンピースのカレー。
家庭でも作りやすいように。なるべく少ないスパイスで作ります。
挽き肉って臭みが出ちゃってイマイチ美味しく仕上がらない!って悩みもズバッと解決~。

ナン
本来ナンはインド料理の中でも高級なモノで、庶民はあまり食べないそうですが、
やはり日本ではインド料理=カレー+ナン!
今回は日本人が好むフワフワ&モチモチの食感に仕上げます。
短時間に本格的に焼き上げるコツも。

豆のサラダ
スパイシーなカレーには、少しコクのあるドレッシングが合う。
豆を気軽に普段の献立に取り入れるヒントにも。

la-cucina-di-u-2009-09-12T09_29_13-2.jpg

ヨーグルトムース
材料をぐるぐる混ぜるだけの簡単フワフワのムース!

今回かなりのカレー臭(加齢臭ではない)をまとって皆さんお帰りになってます・・・
16 : 09 : 20 | おいしいものの話 | コメント(2) | page top↑
ばあちゃんっ子
2009 / 09 / 02 ( Wed )
あたしの仕事復帰に伴い、娘は6ヵ月の頃からあたしの実家に預けられている。
離乳食、公園デビュー、オムツ外し…全て実家の母により執り行われ、全身麻酔による帝王切開で出産ってのも相まって
あたしが母親としての自覚がイマイチ形成されないのはその辺りに原因があるのでは?
と皆さんに指摘されているほど、ばあちゃんの方があたしより娘と関わる時間が長い。

まあ母にしてみたら、あたしらの育つ頃は店が忙しくて、本人曰く『いつの間にか育ってた』らしいので、『初めての子育て』をエンジョイしてるだけらしいが。

そんなわけで、立派なばあちゃんっ子に育った娘は用も無いのにばあちゃんちに入り浸る。
ハンバーグより煮魚、炒め物より煮物、チョコレートより煎餅、ジュースより麦茶、大好物は漬け物。
食べ物の好みも渋い。

そんな娘、二年生になり、新しい漢字を習ってきては、その漢字を使った言葉をいくつか書き出していくのが毎日の宿題。
昨日の漢字は『門』

校門、門をくぐる、門のある家…などに混ざって書かれていたのは、

『水と黄門』(戸はまだ習ってない)

テレビの好みも渋い娘だった…
09 : 09 : 34 | 徒然 | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。