スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ああ~いぃ~~だけぇがあぁ~
2005 / 03 / 02 ( Wed )
20050331155541.jpg 20050331155528.jpg

夕飯はスキヤキ。
昼飯も食わずに飲み続けていたため、かなりハラヘリだったようで皆あっというまに平らげる。
その後なぜか皆で『ごくせん』観賞。やはり日本人は水戸黄門系に弱いのか?


見終る頃には子供らはほぼご就寝。
通常こういう時は、寝かせに行ってそのままミイラ取りがミイラになるケースが非常に多いのだが、
今回は皆さん無事ご帰還。この後への期待が大きいからか。


2ケース持ち込んだはずのビールも底をつき、いよいよ本格的に飲み始める体制。
最初はたわいのない話でもりあがっていたのだが、突然オーナーの滝さんがカラオケしよう!と言い出した。
しかしこのカラオケ、8チャンネルとまではいかないが、とにかく古い。
歌本も限りなく薄く(泣)必然的に古い曲ばかりとなる。
だが今回の旅、大人の中で一番若いのでも32歳。古い曲OKな奴らばかりだ。
おまけに、この古い曲が下田からやって来たカラオケ大好き男、S木氏のカラオケ魂に火を着けた!
下田でさぞや金をかけただろうと思われる歌声に皆感嘆する。
いや、まじうまいっす。
しかしそれにも増して場を盛り上げたのは、レーン兄妻の元同僚、Mちゃんであった!
ベビーフェイスな顔立ちとは裏腹なHな声。その声で松田聖子や今井美樹等、バブル華やかなりし頃の懐かしソングを歌いあげる。


盛り上がりも最高潮に達したのは、起死回生にと入れた、レーン兄とあたしのデュエットが見事に失敗した後であった。


♪チャラララララララララララ~
と始まったのは、1982年、菅原洋一&シルビアの大ヒット曲、『アマン』
もちろん歌うはS氏&Mちゃん。


♪わかっているわアマン~
♪わかっているさアマン~


あまりのいやらしさかげんに、皆一瞬の硬直の後、大爆笑となる!
なぜこんな爽やかなスキー場でアマンなんだ!S木氏!
声が色っぽすぎるぞ!Mちゃん!


♪夢の~ホテ~ル


歌が終わった後も、皆の脳裏には二人の歌声が刻み込まれたのであった。


『アマン』のインパクトがあまりに強烈だった為、
その後しばらくは平凡に推移していたカラオケ大会だったが
最後にやってくれたのはやはりレーン兄であった。
今話題の某Pホテルにかつて一緒に勤務していた時代から、
レーン兄さんとは幾度となくカラオケーションしていたので
彼の実力はわかっていた゛つもり゛だった。
曲も彼のほぼオハコの中村雅俊『恋人も濡れる街角』


♪不思議な恋は~お~んなのすが~た~をして~
出だしは安心して聞いていた。だが
♪あぁいいぃ~だけがぁ~
こ、声が裏返っている…。仕方ない、少し音程下げてあげるか。
♪港の街にぃ~
あれ?下げたはずだが。
♪こぉいぃ~びとぉもぉ~濡れるぅ~まちかぁどぉ~
見事に裏返っている。
そう、彼は、音程下げたにもかかわらず元のキーでしか歌えなかったのだった。
下げた意味ないじゃんっ!


そして彼の(裏返った)歌声も皆の脳裏に刻み込まれるのであった。


カラオケ終了したのがいったい何時だったのか定かではないが、
うちの旦那は泣きながら降りてきた娘と共にとっくに部屋に消えていた。
結局、最後の最後に残ったのはあたしとレーン兄妻の2人。
久々に語りが入り、気が付くとなんと朝5時!速攻で寝た。


翌朝はやはり起きられず、娘の朝飯はHな歌声の女、Mちゃんに面倒みてもらったらしい。
すみません、両親共起きなくて。
っつーか娘よ、早く自立してくれてありがとう。


その後は、子供と遊ぶ人、滑る人、ダラダラと飲む人(あたし)、寝てる奴(うちの旦那)
それぞれに時間を過ごし、昼過ぎにヒルマを後にする。


あ~楽しかった。
顎の関節と腹筋が痛くなる程笑いまくった。


しめくくりの関越渋滞さえなければな~。
スポンサーサイト
18 : 26 : 52 | 旅の話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<く、くるひいぃ・・・ | ホーム | ♪わかっているわアマン~~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nkyn.blog7.fc2.com/tb.php/12-fb7dbbe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。