スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
この10年・・・
2007 / 11 / 20 ( Tue )
昨日、洗濯機が洗濯終了の合図を出していたのでいつものように蓋を開け、洗濯物を取り出した。
一つ、二つ・・・
取りだしているうちに、洗濯物に何か紙のようなものが絡み付いていることに気がつく。
また、娘がティッシュポケットに入れっぱなしにしてたかな~??

・・・それにしては量が多い・・・

新聞に似た材質のその紙は、どんどん、どんどん増えていく。

直感に似た嫌な予感がよぎる。
内容を判別するには細かくちぎれ過ぎているその紙の中から、比較的大きなものを取り出して広げてみる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

どうして、どうしてこういうときの嫌な予感って、ほぼ100%の確率で当たるのだろうか??

それは、あたしが大事にいていた料理の本だった。
紙質も良くなく、文字も小さく、決して見やすい本ではなかったけど
コンパクトながら充実した内容のその本は、何度見ても楽しかった。
今は廃版となって手に入らない。

犯人は、旦那だ。
風呂に入る時、時間的余裕があると新聞やら本やらを持ち込むのだが、読んだ後の物を風呂から出てすぐのところにある洗濯機の上に置くことが多い。
通常、洗濯機の蓋は開けっ放しになっていることが多く、置いたときは洗濯機のふちの所に置いたつもりでも、かなりの確率ですぐ洗濯機の中に落ちる。
もちろん、風呂から出て、着替え、すぐ読んだものを片付けてくれれば、そんなことになることは無いのだが。

結婚して10年。
あたしの時間の4割くらいは、彼が脱ぎっぱなしにしている服を片付けたり、出しっぱなしにしている物を片付けたりするのに費やされているのではないか?
ならば片付けなければいいのでは?と人は言うだろう。
片付けないでいれば自分で片付けるのでは?と。
答えはノーだ。
片付けなければ、そのまま放置される。
1ヶ月でも、2ヶ月でも、1年でも。
そしてそのまま山となる。
あたしだって潔癖症ではないから多少散らかっていても仕方ないとは思う。
けど、『散らかった物の山』の中で暮らすのは絶えられない。

洗濯機の中から、大事にしていた本の破片を拾い集めながら、思いがけず涙がこぼれてきた。
泣くのなんて、久しぶりだった。
しかも、こんなことで。
悔しかった。
散らかすたび、口うるさいとは思いつつ、どれだけイヤなのかを言い続けてきた、この10年間。
いつか、少しは、わかってくれると思っていた。
しかし、あたしの言葉は、彼の心には、まったく響いていなかったって事だ。

世のなかの離婚する人の8割は、浮気だとか借金だとかそんなすごい理由じゃなく、日々のすれ違いの積み重ねだそうだ。
スポンサーサイト
10 : 10 : 27 | 徒然 | コメント(6) | page top↑
<<師走ですね~ | ホーム | 朝の和み空間>>
コメント
--そうねぇ--

あなたの旦那のことを言うわけじゃないけど
母親に世話を焼かれまくって育った男は
生活習慣の修正能力はないからね。
マズイところは母親側で修正してくれてたから。
で、母親以外の人から指摘をされても
何のことを言われているのか理解できないのだ。
わかっていてやらないのではなく
何がいけないのか根本的にわかってないから仕方ない。

私も、毎日→掃除 休日→大掃除みたいな日々を20年もやってるが別に感謝されてるふうもなく。
きっと私の自己満足なんだわね。

by: K-ママ * 2007/11/21 10:54 * URL [ 編集] | page top↑
----

ご愁傷さまです・・・。

で、なんて言う本なん?
by: おとうさん * 2007/11/21 23:53 * URL [ 編集] | page top↑
----

ホントご愁傷さまです。
最後の2行が物騒で怖いんだけど……

私も、結婚後『調教』に励んだけれど、
やっぱり夫とは「キレイ」に対する価値観が
違うようです。やっぱ育ったように生きて
行ってしまうもんなんだねぇ。
by: もっこ * 2007/11/22 08:14 * URL [ 編集] | page top↑
----

すいませんね~。

ママ
ホントにその通りだす。
今では旦那を通り越してその母親に矛先が向かいそうです…
自己満足か~。
悟りの境地やね。

おとさん
いやいや、もう問題はそこじゃないんだよ。
例え本が元通りに手元に戻ってきたとしても、今湧き上がっているこの気持ちはおさまらんよ。

もっこりん
そうですか…そうですよね…
あああああ~
やっぱり姑に矛先が行きそうだ…
by: ナカヤン * 2007/11/22 13:45 * URL [ 編集] | page top↑
----

何年経っても根本的な部分て変わらないんだねー。
同じように思うことあるもん。
ちょっとずつずれて、いつしか修正不可能になっちゃうのかもなーって。
まだ5年目のペーペーだけども。

と同時に男子二人を抱える身としては、神経質な男になってもイヤだなーって思うし。
将来矛先がこっちにむかってくるのもなぁって。
それはそれで面白いのかも知れないけど(爆)
by: めっぴー * 2007/11/24 12:17 * URL [ 編集] | page top↑
----

めっぴー
男子の母だものねぇ~。
まあ姑ってのは実害があっても無くても多少は疎まれるもんだし。
子供への愛が強ければ強いほど、嫁にとっちゃあイヤな姑になるのかもねぇ。

by: ナカヤン * 2007/11/25 08:48 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。