スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
虚構と虚飾の世界~序章
2010 / 10 / 10 ( Sun )
復活した記憶が鮮明なうちに、あの頃の話。

ホテルフロントで働き、レストランのサービスや調理の人たちと接するうちに、元々の料理好きもあって料理を仕事にしたいとの思いが強くなり、退職して栄養士の専門学校へ。
2年間の勉強の後、卒業後は学校の先生の口利きで某有名料理研究家のアシスタントになった。

時は90年代半ば。
バブルははじけたものの、残り香がまだプンプンしていた時代。
テレビでは派手な演出の料理番組花盛りで、フードコーディネーターという仕事が少しずつ世間に認識されつつあり、あたしの当時目指していた所もそこだった。

アシスタントについた先生は、テレビ番組出演はもちろん、ドラマやバラエティーの料理コーディネートもこなし、
自宅マンションにはタイプの違うキッチンを3つも揃えた撮影スタジオ兼お教室も構え、
お教室の生徒さんは100人以上、撮影スタジオでは毎日のように雑誌やCM、テレビ番組などの撮影が行われていた。

まさに、憧れていた世界!
最初からこんな場所で働けるなんて、めまいがするほど嬉しかった。

つづく
スポンサーサイト
14 : 28 : 06 | 徒然 | コメント(2) | page top↑
<<虚構と虚飾の世界~その1 | ホーム | お江戸参り>>
コメント
--うんうん--

で、虚構と虚飾の世界へと向かったわけね…

某料理研究家、誰なんだろう~~~~~。
気になるなぁ~。
by: もっこりん * 2010/10/12 19:58 * URL [ 編集] | page top↑
-->もっこりん--

レス遅くてごめんご。

某料理研究家・・・今は娘が4代目でやってるんだけど、新興勢力に押されてすっかり出てこなくなったよ。
by: ナカヤン * 2010/10/18 07:40 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。