スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
虚構と虚飾の世界~その3
2010 / 11 / 16 ( Tue )
前回にも少し書いたが、撮影に使用した食材はレタスの葉一枚だろうがジャガイモや人参の皮だろうが、一切捨ててはいけないのが大先生のルール。
それら食材は撮影後私たちの手でまかないとなるのだ。
それがわかっているから、私たちはなるべく食材に下手な加工はしたくないし、出来る事ならそのまま持ち帰りたい!といつも思っていた。

しかし、大概の場合その願いもむなしく、より料理を『美味しそうに見せたい』テレビ局なり編集者なりの演出家によって食材には有り得ない加工がなされる。
作った人の意図なぞお構いなし。
当時は料理研究家なんてモノはメディアから見ればその程度のモノだった。

一番多く行われるのが、つや出し。
通常ケーキ屋さんなどでもフルーツをみずみずしく見せるためにナパージュというゼリーみたいなものを塗ったり、
パイなどを艶良くするためシロップを塗ったりするのだけど、
撮影の場合はゼリーやシロップだとライトの熱で溶けてしまうため、使えない。
代わりに使われるのが『アクリル絵の具』的な塗料。

それが塗られるたびに、せめて口に出来るもん使ってくれよぉ~って声に出せずに心で泣いた(笑)
まあ大概、そういう類の口にしたら体に危険が及びそうなものは、先輩アシスタントによってこっそりと廃棄されるのだが、
ある時先生に見つかってしまい、それはそれはながーいお叱りを受けた…

でもその時廃棄したのって、某焼き肉のタレメーカーのCM撮影で使った
さんざっぱらタレントがさわりまくってしおれまくりのサンチュ、とか
しゃぶしゃぶしすぎてガチガチになってる上に、(しゃぶしゃぶのタレのCM撮影だった)タレにつけられて更にガチガチになってるしゃぶしゃぶ用の豚肉、とか
ライトで照らされ続けてカサカサに乾燥してしまわないよう、『アクリル絵の具的な塗料』を塗られた生肉、とか…

美味しいうちに食わせてくれよぉー
スポンサーサイト
17 : 22 : 19 | 徒然 | コメント(4) | page top↑
<<クリスマスメニュー | ホーム | 10月のお教室>>
コメント
--大先生って--

ダレよ?
by: おとうさん * 2010/11/16 19:56 * URL [ 編集] | page top↑
----

今はお嬢さんがあとを継がれたけど、まだご存命なのでねえ~
by: ナカヤン * 2010/11/17 07:58 * URL [ 編集] | page top↑
----

大先生は、アクリル絵の具を食え!って
言ってるの???

もしかして、赤堀センセ?
by: もっこ * 2010/11/17 20:00 * URL [ 編集] | page top↑
----

食えっていうか、捨てるな!ってことなのよねえ。
先生は平気で食うんだよ、コレが・・・

ははは~そんなとこです。
by: ナカヤン * 2010/11/18 16:22 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。